和彩食 来都は堺東駅近くの宴会予約可能な居酒屋|お酒の製造方法

お知らせ

お酒の製造方法

2016/01/21

日本酒の銘柄

居酒屋には、日本酒、焼酎、カクテルなど様々なお酒があります。そんなお酒ですが、製造方法は大きく分けて3種類あり、それぞれの製造方法に特徴があります。お酒の製造方法を知ることで、居酒屋でお酒を選ぶ時の参考になるでしょう。

▼蒸留酒

蒸留酒はアルコール度数が高く、飲み口がきつめの物が多くカクテルの主材料としても使用されることがあります。蒸留酒は、簡単に説明すると醸造酒を蒸留したお酒です。代表的なものとしては、焼酎、ウィスキー、ブランデーなどがあります。アルコール度数が他のお酒比べると強いため、飲み過ぎには注意が必要です。

▼醸造酒

原料の酵母をアルコール発酵させることで、醸造酒は作られます。日本を代表するお酒、日本酒の場合は麹を使用して発酵をし、ワインの場合はブドウの糖を使用して発酵を行います。蒸留酒よりはアルコール度数が低く飲みやすいため、お酒が苦手な方にもおすすめです。日本酒やワインだけでなく、ビールやシャンパンなども醸造酒に含まれます。醸造酒の歴史は古く、エジプト文明の文献にも醸造酒のことが残っていると言われています。

▼混成酒

カクテル

混成種は、蒸留酒や醸造酒など、既製のお酒に、果実、糖分、香味料などを加えたお酒のことです。一般的にはリキュールと呼ばれています。中国が本場の薬酒や料理に使用するみりんも混成酒です。混成酒は種類が多いのが特徴で、カクテルベースに多く使用されおり、男女問わず人気の高いお酒です。カシス、カンパリ、カルーアなどのリキュールや梅酒なども混成酒です。

製造方法の特徴を知ることで、自分の好みや体調にあったお酒を選択できるようになり、お酒を上手に飲めるようになるのではないでしょうか。花田口駅近隣で居酒屋をお探しの方は、新鮮な料理とお酒を堪能することができる和彩食 来都を是非ご利用ください。

お酒は産地直送にこだわっており、種類も豊富に取り揃えております。2階のお座敷は25名まで対応していますので、宴会や行事ごとなど、様々なシーンで利用して頂くことができます。また、飲み放題コースメニューもご用意しています。

<<一覧に戻る

ご予約・お問い合わせ TEL:072-276-4078 メールフォームはこちら

ご案内

和彩食 来都
〒590-0073
大阪府堺市堺区南向陽町1-1-3
地図はこちら >>
【営業時間】
火~土 / 18:00~翌4:00(L.O.3:00)
月・日 / 18:00~翌2:00(L.O.1:00)
【定休日】1/1~1/3 ※不定休日あり

南海高野線 堺東駅 徒歩7分の所にある居酒屋和彩食 来都。食材は全国各地から取り寄せ素材の旨みをそのまま活かしたこだわりの料理をお出しします。宴会や行事ごとなどにもご利用ください。

  • ご予約・お問い合わせ TEL:072-276-4078
  • mail form
  • facebookページにリンクします

pagetop